最近高校時代の友人にばったり会いました。この子とは高校時代のとても仲の良かったメンバーの一人だったので高校を卒業後もしばらく連絡を取り合っていましたが、大学に入学してすぐに妊娠が発覚し彼と結婚して大学を辞めて家庭に入りました。

家事育児と忙しいと思い連絡し辛くなりしばらく連絡を取っていなかったので久しぶりの再会に会話が弾みました。

自然と結婚や妊娠の話になり、友人は「なんであの時避妊をしなかったのだろう」と後悔したと話しました。若かったこともあり彼がコンドームを着けるのを嫌がり避妊をせずにセックスをしたのだとか。

それが毎回のように続いたそうです。そんなある日生理が来てないことに気づき誰にも言えずにいたそうです。すると彼から「もしかして妊娠してないか」と言われて生理が来てないことを伝えたそうです。

友人の彼は悩まず「産んでほしい」と言ったそうです。大好きな彼が望むならと決意し家族の反対を押し切り出産した友人は「この先が不安でいっぱいだし、大好きな彼だけど上手くやっていけるのかも心配だった」と言っていました。案の定、結婚して2人目を妊娠してからも彼の性格上目先のことしか考えていなくてすぐに離婚したそうです。

その子はシングルマザーとして2人の子どもを育てながら3つの仕事を掛け持ちしていました。
階段を下りる母と子
子どもを産んで後悔はしていないが2人目の子も想定外だったようで経済的にも産むのを悩んでしまった時期もあったようです。
その子もアフターピルを2人目を妊娠する前に知ったそうですが、病院で処方してもらうと高額な値段と知りためらっている間に妊娠してしまったようです。最近やっとアフターピルを通販で購入し常備しているとのことでした。

その時にアフターピルで緊急避妊|女性の味方というサイトで色々知ったとも言っていました。

友人は再婚し今の旦那さんと良好なお付き合いをしているようです。今の旦那さんは友人の2人の子どもを自分の子のように可愛がり父親のように接してくれているそうです。

そして幼い子どもたちがある程度手がかからなくなったら3人目をつくろうとはなしているようです。そのためにも今はアフターピルを服用しているそうです。
その友人は避妊の大切さやアフターピルの重要性を身をもって知ったと言っていました。友人が幸せな生活を送っているとの報告にとても嬉しい気持ちになりました。